浅い知識で【シン・エヴァンゲリオン】感想(ネタバレなし)(大絶賛)

今日、「シン・エヴァンゲリオン」を見てきました。
待ち望んだエヴァンゲリオン新劇場版のラスト。

今回はエヴァンゲリオンについて、詳しいわけではないので見た感想をメインにネタバレなしで書いていきたいと思います。

ネタバレあり感想はこちら
浅い知識で【シン・エヴァンゲリオン】感想・考察(ネタバレあり)

シン・エヴァンゲリオンについて

シン・エヴァンゲリオンはエヴァンゲリオンの新劇場版4作品目であり、完結編です。

1作品前のヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qから、8年、コロナもあり、上映が延期になったりもしたが、やっと公開になりました。

エヴァンゲリオン 公式サイト

自分とエヴァンゲリオン

まず、自分のエヴァンゲリオン歴を書こうと思います。
恥ずかしながら、リアルタイムで、エヴァンゲリオンを見るのは今回が初めてです。

「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズは自分が小さいころの再放送でのおぼろげながら記憶があるだけです。新劇場版もテレビでの放送で見たのが初めてです。

エヴァにはまったのは、このコロナ期間で暇を持て余していた時でした。「シン・エヴァンゲリオン」を見に行こうと思い、新劇場版を見直し始めたのがきっかけでした。色々なところで配信がされていたのでそれも幸いしました。

その後、他の人の考察を見たり、漫画版を読んでみたり、このエヴァというコンテンツを約1年間、自分らしく楽しめたと思います。

感想(ネタバレなし)

シンエヴァの感想を完結にいうと

斬新でかっこよくて気持ち悪いし難しい、そして、ありがとう

歴は浅いが、エヴァンゲリオンに出会えて本当によかったと思いました。このエヴァンゲリオンというアニメの世界観、かっこいいロボ、キャラクターは、このアニメにはまる前から自分を構成する1つでした。いつも、どこかの企業、ソシャゲではコラボやっており、街中の広告にも使われたりしていました。テレビでアニメ特集、アニソン特集をすると、必ずと言っていいほど、エヴァンゲリオンの話が出てきました。自分が見てきたアニメには、エヴァの要素が入っているものもたくさんありました。この映画を見て、このことを自覚すると同時に、エヴァンゲリオンの終わりに立ち会えた、お別れできたのは幸運だったと感じました。

いつも通り、難解な用語、説明のない会話、状況が続くので、ストーリーについていくのも精一杯でした。ですが、今までのエヴァの枠組みを超えたエヴァ、見たことない戦闘シーンは、エヴァンゲリオンは常にアップデートされており、過去ではなく、現在を、未来を見ているのだと感じました。また、エヴァの異常で異質な演出の迫力が増していて、そこは印象的でした。

庵野さんのエヴァに対して、エヴァを見ている人たちに対しての思いがすべて詰まった作品であり、こんな見事な完結を迎えれれば、誰も文句は言えないだろう。
見る人を選ぶが、アニメの名作の1つだと思いました。

最後に

今回はシン・エヴァンゲリオンの感想・考察を書いていきました。
映画を見て、エヴァンゲリオンシリーズをまた見たくなりました。
でも、こうやって、アニメを見たり、感想を書いている間はまだ、エヴァを卒業できていないのかもしれないですね。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました